クイーンベッドの特徴とまとめ|二人で寝るならクイーンベッド!素敵で役立つインテリア情報

クイーンベッドを買う前に

クイーンベッドには様々なメリットがあります。しかし、注意点もまた存在するため、購入する際には慎重になる必要があります。まず、クイーンサイズのメリットと注意点を学び、そこから購入するか否かの検討をしましょう。

クイーンサイズのメリット5選

広い

クイーンサイズの魅力は、なんといってもその広さです。シングルベッドが横幅100センチであるのに対し、クイーンサイズは160センチと非常に広く、ゆったり眠ることができます。なお、ダブルベッドは140センチ、キングサイズは180センチと二倍に近いサイズとなっています。

適度なスペース

ダブルベッドでも二人で眠ることはできますが、その場合一人分のスペースが非常に狭くなってしまうため、寝苦しくなってしまいます。キングサイズだと広すぎるため、部屋のスペースを圧迫します。そのため、クイーンサイズは非常に適したサイズであることが多いです。

実はリーズナブル

サイズが大きい分値段がかかるを思われがちですが、実際にはシングルベッド2つ分を購入するよりもクイーンベッド1つを購入したほうが安上がりで済むことは多いです。通販サイトなどで比較してみましょう。

デザインが良いものが多い

近年ではクイーンベッドの需要も増えたおかげか、デザイン性に優れたものが多く出ています。特に高さが低めのクイーンベッドは和室でもマッチしており、和室以外にもどんな部屋にも合わせやすいというメリットがあります。

マットレスが分割されているものもある

クイーンベッドにはマットレスが分割されているものもあります。そのため、隣で寝ている人の寝返りによる振動が伝わりにくく、一人用のベッドに近い感覚で眠ることもできます。

クイーンベッドの特徴とまとめ

ベッド

良いことだけではない。クイーンベッドの注意点

クイーンベッドはメリットも多いですが、その分注意しなければならない点も幾つか存在します。よって、予め注意点を把握し、問題ないかどうかを確認しましょう。

12畳以上の部屋が理想

クイーンベッドを置くためには、最低でも8畳分の広さが必要です。しかし、部屋のサイズが8畳程度の場合、ベッドを設置したらほとんど家具を置くことができません。よって12畳程度の広さが理想とされています。

家に入れることが出来るか否か

大前提として、クイーンベッドを家に入れることが出来るかどうかは絶対に確認しましょう。大きな窓があればそこから入れることもできますが、マンションなどの場合、ドアのサイズを確認しましょう。

マンションで上の階に住んでいると少し面倒

マンションつながりの注意点ですが、もし、7階や8階等の高層階に部屋がある場合、そこまでベッドを運ばなければなりません。その時業者の人に頼む場合、エレベーターが使用できるかどうかをきちんと確認しましょう。

注意点の解決方法まとめ

クイーンサイズのベッドってどうやって家に入れるの?

基本的に、窓からの搬入もしくは分割されたパーツを運んで家の中で組み立てることになります。一番サイズが大きいのはマットレスになるのでマットレスのサイズがエレベーターや家のドアに入るかどうかを確認しましょう。

マットレス選びはどうすればいいか

基本的にクイーンベッド用のマットレスを選べば問題ありません。しかし、セパレートタイプのマットレスならば持ち運びもそこまで苦労することはありません。しかし、クイーンサイズのマットレスは少々持ち運びに苦労するので注意しましょう。

子供と一緒になる場合はダブルでも問題ない?

問題はありません。大人二人に比べるとダブルでも十分なスペースが活用できます。強いて注意点を挙げるなら寝返りでベッドから転げ落ちないように注意しましょう。

どこにも売ってない

店舗で売り切れもしくは取り扱っていない場合はネットショップで購入しましょう。ネットショップならば種類が豊富にあり、関連商品も併せて購入できるので購入しやすいです。

ネットショップで購入する時に注意すべきことはありますか?

寸法などが実際に確かめることができないため、予め部屋の広さを確認し、商品データを元に比較してサイズ確認をするしかありません。また、安すぎる場合は低品質なことも多いので注意しましょう。

家具に関してのアドバイスはこちらを読みましょう

ベッド

クイーンベッドの特徴とまとめ

クイーンベッドとは一体どんなものなのか、どんなメリットが有りどんな人におすすめなのか。この記事ではそんなクイーンベッドについての基本情報が載っています。

READ MORE
家具

セミオーダーで家具を作る

自分好みの家具がほしいけど見つからない時はセミオーダー家具を活用しましょう。オーダー家具よりも安価で購入でき、自分好みにカスタマイズできるためより自分の趣味に合わせた部屋にすることができます。そんなセミオーダー家具について紹介しています。

READ MORE
家具のミニチュア

セミオーダーとオーダーの家具を比較

より自分の好みの家具がほしいなら、職人に依頼してオーダー家具を作ってもらうという手段があります。セミオーダー家具より高価ですが、それ以上に自分だけの家具を使えるというのは大きなメリットです。ここでは、そんなオーダー家具とセミオーダー家具の比較を行っています。

READ MORE
広告募集中